足の臭いを消す方法 酢

酢で足の臭いを消す方法

気になる足の臭いを改善するのであれば、足の清潔を保つことが大切になります。足の汗自体には臭いはありません。菌が繁殖することにより、臭いを放つ成分が作られてしまうことが原因です。だからこそ足の清潔を保ち、菌が活動しない繁殖しないようにすることが改善策となるのです。靴やブーツを長時間履いていると、湿度が高まり、菌にとって繁殖するのに好都合な環境となります。汗をかけば、皮膚が剥がれ落ちて垢となり、菌の栄養源となってしまいます。かといって、靴を脱いで足をこまめに洗うようなことは出来ません。だからこそ、靴を履いていない間に、または履く前に、足をしっかり丁寧に洗って消毒するなどの対策をとりましょう。足用の消毒液などがありますが、酢で足の臭い対策をとることも可能です。方法はとても簡単です。洗面器にぬるめのお湯をはり、30mlくらいの酢を加えて混ぜたところに5分ほど足をつけておきましょう。酢の酸によって、ある程度は足に存在する常在菌を死滅させることが出来るのです。薬を使うのには抵抗があるというのであれば、酢で足の臭いを消す方法をお試しください。

 

足が臭い女性の悩み