足が臭い女性の悩み

女性の足の臭さは男性の5倍って案外本当なのかも?

女性の足の臭さは男性の足の臭さより5倍も臭いと聞いたことありませんか?
正直、聞いた時は軽く流しましたが、最近は案外本当なのかもしれないと思うようになりました。

 

 

その理由は自分の足の臭さが半端ないからです。

 

仕事帰りの飲み会で座敷に上がるなんて考えられません。
あらかじめわかっている時は代えのパンプス、ストッキングや靴下を持参し、足を洗ってから出かけています。
じゃないと私の足の臭いが充満しているからです。もちろん、誰にも言われたことありませんが、臭いに気づいていないはずはありません。

 

相当、臭いので・・・・。

 

ですから、臭い対策を始めてみようかと思い調べてみました。

 

 

自宅で簡単にできるにおい対策

仕事を終え家に帰ってから少しの時間を使い行う足のにおい対策方法です。自分に合った対策法を見つけましょう。

 

 

 

 

私も重曹やら10円玉やらあるものから順ににおい対策を行ってみました。
その時は気になりませんが、会社に行くとやはり気になります。自宅で行う方法をやっても会社で足に汗をかいたらまた臭いが気になるのです。どうしても靴やパンプスだと汗をかきやすいんですよね。

 

 

会社の昼休みに、ミョウバンでにおい対策とかできればいいんですけど無理です。
そこで見つけたのが、ワキガ対策のクリームです。このクリームは足の臭いのにも使える商品ですので、これなら昼休みににおいケアも行うことが出来るんですよね。

 

 

 

足が臭い悩みを解決してくれたクリアネオ

クリアネオは今までとは違ったデオドラントで、菌の殺菌効果&制汗効果の期待できる商品です。
結果嫌なワキガの臭いや臭い足の臭いを抑えることが出来ます。

 

使用する回数も3回までとなりますが、朝、晩使用します。誰にも知られることなく就寝前と出かける前に使う商品です。そして、永久保証制度があり、購入後使用してどれだけ日にちが経っても返品に応じてくれます

 

 

  • ワキ・体臭・足の臭さに対応
  • 無添加、無香料+パッチテスト済みなので敏感肌の方でも使用可能
  • W有効成分と渋皮エキスが臭いを防ぐ
  • 永久保証制度付き
  • 定期購入には毎月プレゼント付き

 

 

 

 

 

 

クリアネオを使い始めてからあまり足の臭いのが気にならなくなりました。
朝晩クリアネオを使用することで、少しずつですが汗を抑えられます。寝る前と出勤前に足とワキに使っています。小さく見えますが、かなり伸びの良いクリームですので一か月くらい使えます。ワンプッシュで片ワキ、ワンプッシュで片方の足という感じで使用しています。
夏場はもちろん、ブーツをはく冬場にも大活躍です。

 

詳しくはこちらクリアネオ公式サイト


 

もう一つ使っているのがグランズレメディ

クリアネオは、足を保湿して汗の臭いを防ぐ役割をすますが、暑い夏だとそれでも汗をかきます。
汗は無臭でも日に日に靴の臭いが臭くなり当然のごとく足も臭くなります。そこで靴の臭いを取る方法を紹介します。

 

クレンズレメディです。

知り合いに聞き購入してみましたが、凄く効果あり、今までの臭い靴が無臭となります。類似品もありますが、ニュージーランド製の粉が一番いいと聞きましたのでその粉を買っています。粉は自然の物ですので体に害はありませんが、靴の中に直接この粉をまくような感じですので、当然、靴下にはつきますし、靴をみられた時に妙な粉が入っているとバレます。それが平気だというのでしたら、使用してみて下さい。一晩で靴の臭さが消え去ります。

 

 

こんな感じで中敷きを取り出しグランズレメディを適当にまくだけです。これで臭いが消えます。

 

最初は信じられなかったので携帯用の小さなのを買って試してみました。

 

 

 

ニオイは3種類あります、ミントとフローラル、無臭ですが、レギュラーですが、正直、あまり臭いは変わりません。グランドに線を引くときに使うような粉です。グランズレメディはさすが、環境先進国と思わせるニュージーランド発の消臭剤です。

 

ただ、購入の時にいつも疑問に思う値段の差。
安い商品だと1500円程度ですが、正規品と書かれてるのは2,500円程度です。1,000円違います。
ただ、3個くらいまとめて購入して一年半くらい使用できますし、腐りませんので正規品を購入しています。入れ物のデザインも同じだし違いは未だに解決できていません。

 

 

楽天市場のグランズレメディ一覧

足の臭い悩みを一瞬で解決してくれる足サラ

最近見つけて使用しているのが足サラです。足の臭い悩みを一瞬で解決してくれる優れものです。即効性はありますが持続性はありません。
飲み会や懇親会などで座敷に上がるときは臭いが気になります。ストッキングを変えても何だかム〜ンと臭いますので、足サラを利用しています。

 

  • 足専用の足の汗を止められるアイテム
  • スプレー式なので使いやすく持ち運びも便利
  • 汗を抑えて臭いもブロックしてくれる
  • しっかり保湿してかかとのカサカサもスベスベに
  • 多くの女性が効果を実感した商品

 

 

 

 

 

 

 

想像を超える多くの女性が足の臭いを悩んでいた!

 

膝の裏や太ももにも使えるのは嬉しいかも♪

 

 

足に汗をかく私は家では素足で過ごすことが多いです。
ですが、普段は会社勤めなのでストッキングにパンプスやスリッパで過ごします。会社用のスリッパも風通しが良さそうな竹細工のようなのを使用しています。じゃないと、足がぬるぬるしてくるからです。

 

特に素足にサンダルは歩いていると滑って靴擦れを起こしてしまいます。
ですが、足サラを使うことでねちょねちょしないのがいいですね。

 

足の臭い原因も、”足の汗”です。汗を大量にかき座敷に上がると足跡が・・・なんて失態を他人に見せたくないのでしっかりケアしたいです。いつもは人には見られることもなく臭いを嗅ぐこともない場所ですが、突然の出来事に慌てなくてもいいように準備しておきましょう。

 

詳しくはこちらで確認足サラ公式サイト

足が臭い原因

人間がかく汗を生成する汗線はアポクリン腺とエクリン線という2種類あり、足にあるのはエクリン腺です。乳輪や脇、陰部などの特定の部位に存在している汗線がアポクリン腺です。この汗線から生成される汗の成分には、中性脂肪や脂肪酸、アンモニアなどが多く含まれています。臭いを発する成分を多く含む汗が生成されるため、ワキの汗が臭う方などはアポクリン腺が多く存在していることが原因であると考えられています。一方で、足に存在するエクリン線から生成される汗の成分は99%が水分であり、ほんのわずか塩分が含まれている程度です。つまり、足から出てくる汗には悪臭を放つような成分が含まれていないのです。しかし、足から強烈な悪臭を放つ方がいます。自分でも気になる臭いであるならば、周囲の方にとっては苦痛にも感じる程の臭いでしょう。汗自体に臭いはないはずなのに、どうして足が臭くなってしまうのか。その原因は、雑菌の繁殖によるものであると考えられます。足の皮膚は分厚く、表面の皮膚は剥がれ落ちやすい特徴があります。つまり、剥がれた皮膚が垢となって蓄積しやすいのです。当然のことながら、雑菌は垢を餌にして繁殖します。そして、湿気の多い靴の中で活発に活動します。ましてや、靴や靴下にも雑菌がいる状況であれば、さらに増殖します。そうなれば、強烈な悪臭がするのも当然のことなのです。足の臭いを解消するのであれば、まずは足全体を衛生的に保つことに着目した対処をとりましょう。

足が臭いのは病気なのか?

体臭は身体からのSOSとも考えられます。通常なら臭いがしないような部位や環境でも、気になる臭いがしてい場合、何らかの病気が関係しているかもしれません。毎日しっかりと足を洗っていて、日中のニオイ対策もしているのに、足の臭いがおさまらないようであれば、何らかの病気が原因かもしれません。足の臭いが原因で考えられる病気は主に3つあります。水虫と多汗症、そして内臓疾患や糖尿病です。水虫の原因は白癬菌の繁殖によるものですが、白癬菌自体に臭いはありません。しかし、白癬菌が繁殖するということは、もとから人の皮膚に住んでいる皮膚常在菌も繁殖しやすい環境にあるということになります。この皮膚常在菌が活発になることで、気になる悪臭が放たれてしまうのです。多汗症に関しても、足の臭いが発生するメカニズムは同じです。多量の汗をかき、古い角質や皮膚が流れだし、皮膚常在菌の栄養源が豊富な環境となってしまうのです。水虫、多汗症の疑いがあるならば、専門医による治療をおすすめします。そして、最も危険なのが内臓疾患や糖尿病などの病気です。身体が持つ抗菌力が弱まり、足だけでなく全身の部位で菌が繁殖しやすくなり、体臭がきつくなってしまうのです。口臭やワキなど、足以外にも臭いが気になる場合は、医師による診断をおすすめします。

足の臭いのはなかなか解消できない

毎日きちんとお風呂に入り、足は特に念入りに洗っているとしても、気になる足の臭いはなかなかとれません。最近では、足専用のデオドラント製品が販売されています。このような製品を使用して、日中はきっちりとケアをしているにも関わらず、それでも足が臭うこともあるでしょう。なかなか落ちない足の臭いに対して、何かの病気ではないかと不安になってしまう方もいるでしょう。病気が原因で足が臭うことはありますが、全体で見るとごくわずかなケースです。つまり、足の臭いはどれほど念入りに洗ってもケアをしても、なかなかとれないのが特徴でもあるのです。その原因は、足の裏に存在する皮膚常在菌が放つ臭い成分のイソ吉草酸という物質が、非常に落ちにくい性質を持っているからです。念入りに、毎日洗っていれば、繁殖した菌を落とすことが出来ます。しかし、靴や靴下を履いた足は、雑菌が非常に好む高温多湿の状態になります。そして、足の裏に汗をかきやすい体質となれば、洗ってもケアをしても、新たに雑菌が繁殖してしまうのは当然のことなのです。そして、新たなイソ吉草酸がつくられてしまいます。ですから、根本的なケアを行わなければ、足の臭いというのはなかなかとれないのです。

更新履歴